「免疫力」と「髪」の密接な関係

 ここ数か月で、私たちの生活をがらっと変えてしまったコロナウィルス(COVID-19)。マスク着用から様々なオンライン化まで、「ニューノーマル」にもやっと慣れてきましたが、常に感染症の危険性を感じなければいけない状況が続くと、「自分の免疫力は、大丈夫かな?」と、考えることがあるかと思います。

 一見「免疫力」と「髪」は関係なさそうに思われますが、「免疫力」を保つことと“健康的な”髪を保つことには共通点があります。それはビタミンD。

 髪を含め全身の細胞は、常に入れ替わっていますが、古い細胞が剥がれ落ちたあと、新しい細胞は、何度入れ替わってもそれぞれの場所で、古い細胞と同じ役割を担う細胞になる必要があります。そのため体内では、細胞が正しく入れ替われるように調整するしくみがあります。

 細胞の入れ替わりの調整役のひとつにビタミンDがありますが、髪は新しい細胞が活発に作られる場所のひとつなので、新しい髪を作るプロセスで、調整役のビタミンDの影響を受けます。そして、もう一方の免疫細胞も入れ替わりが早いので、同じように調整役のビタミンDの影響を受けやすいのです。

 そのため、体が必要とするビタミンDが供給できていないと、しっかりした髪が作りづらくなり、免疫力は低下します。

 日光浴やビタミンDを含む食材の摂取で、理論上体内のビタミンDを増やすことはできますが、残念なことに、実際にはコロナ以前の研究でも、日本人の50%以上がビタミンD不足状態で、体が必要とするビタミンDが供給できていない方が多いといえます。

 抜け毛や薄毛などの髪のトラブル対策というと、なにかお薬を飲んだり、頭皮に塗ったり、シャンプーなどを変えることと思われるかもしれませんが、 “健康的な髪を作れる体”へ自分を整えるという意味で、ビタミンDを体内に満たしてあげることは「免疫力」と「髪」のために、とてもお勧めの取り組みです。

 ビタミンDが摂取しやすい、お勧め3大食材は、干ししいたけ(低カロリー)、サーモン(オメガ3も摂取できる)、水煮のツナ缶(ストックできる)ですが、手軽に摂取したいときはビタミンDのサプリメント(小粒で値段も手頃★)もよいでしょう。

 ぜひ明日から始めてみてください。

★ 参考:当院で取り扱う医療機関用ビタミンDサプリメントの場合   ¥1,620(1日1~2粒/1~2か月分)

 

前の記事 次の記事