「何を」と同じくらい大事な「だれと」食べるか。

 よく「髪のために『何を』食べればいいですか?」と聞かれます。お人によって、食事内容や量、体内での栄養素の需要と供給のバランスは異なりますので、同じ質問を受けても、答えは質問をされた方やその時によって異なります。(「〇〇さんが髪をしっかりさせるには、今は〇〇や〇〇(栄養素や食材)が特に大事なんですけど、〇〇はもうちょっとしっかり摂れた方がいいですね。△△は足りているようなので大丈夫ですよ。」の、〇〇部分が異なるイメージです。)

 しかし、健康的な髪を保つために、みんなに共通の大事な要素もあります。

 それは「だれと」食べるか。

 このサイトの「ログ」にある、Life Logでは食事に関する記録を残せるようになっています。そして夕飯に関しては、シンプルな「メニュー」欄とと共に「人数」を選択する欄があります。

 その理由は、この2つの組み合わせで、リラックスした環境で食事ができていたか振り返りやすいからです。

 消化器系は、自律神経で調節されていますので、消化力はストレスの影響を受けやすいものです。健康的な髪を作り出すためには、「何を摂るか」も大事ですが、それと同じくらい「摂ったものをどれだけ消化できているか」も大事になってきます。

 髪のログとあわせて振り返ることで、「この時期は、おうちでゆっくり食事ができていたかな」とか「この頃は忙しくて、簡単に済ませていたな」とか「ああ、宴会続きで胃腸に負担かかっていたかも」と、セルフチェックしやすくなります。
 
 セルフチェックをもとに「それなら、今度からこうしてみようかな!」と、対策も実行しやすくなりますので、まずは髪のためにも、ご自身にとってリラックスできる食事を大事にしてみてください。

 

次の記事