男性も、これからのヘアケアリテラシー

 男性の髪の問題(薄毛、抜け毛)は、AGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれていますが、言葉の意味としては、Androgen=男性ホルモン、Alopecia=脱毛なので、直訳すると”男性ホルモンによる脱毛症”なので、直訳すると”男性ホルモンによる脱毛症”となります。

 具体的には、男性ホルモンの中の「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、5α-還元酵素という酵素によってテストステロンから作られ、髪の成長期を短くすることが知られています。そのため、AGA治療薬として認可されいる内服薬(フィナステリド、デユタステリド)は、5α-還元酵素をブロックすることにより、テストステロン→DHTの流れを食い止め、髪の成長期が長く保ちやすくなります。

 ということは、髪が気になる男性がこのような薬を服用すれば、理論上気になる髪の諸症状(髪が細くなる、抜け毛の量が増える、髪のボリュームが減る、地肌が見えやすくなる、等)の改善が見込めます。実際にMSD社(フィナステリド/プロペシア®錠の製造メーカー)の医療機関向け説明資料によると、プロペシア®錠を5年間服用した患者の90%で、抜け毛の進行を抑制、あるいは改善効果が認められたそうです。

 しかし・・・、服用を継続している男性でも、抜け毛が増えてしまうことはあります。また、そもそも内服薬を服用したくない、という男性もいます。

 このような状況を考える際に大事なのは、「髪のコンディションはコントロールしているのは、男性ホルモンだけでない」ということです。

 なので、服用を継続している男性でも、抜け毛が増えてしまうことは当然ですし、内服薬を服用したくない方は、髪のコンディションに影響する他の要素を対処する作戦でいいと思います。

 もし、医薬品内服による男性ホルモン対策をしていても、「もうちょっと何とかならないかな」と感じたり、「内服薬はちょっと・・」という男性の方にご紹介したいのは、女性が取り組んで有効な髪対策です。

 一口に”女性の髪対策”といっても幅広いですが、ここでは「健康的な髪を作ることができるのは、健康的な自分の体だけ!!」というコンセプトで、情報を整理していますので、ぜひ男性の皆さんもお役立てください。

 

前の記事 次の記事