髪のことを話せる場はリアル社会では難しい・・・!?

 髪のテーマが、まだまだデリケートな現代。髪の変化が気になっても、実は半数以上の女性が、誰にも相談できず、”髪の変化が気になっているのに” なにも行動できていないそうです。

「髪のことを話す」といえば、美容院には誰しも定期的に行くので、美容師さんとは”髪の気になること”を話しあえるのかな、と思いきや、おしゃれな美容院をいくつか経営されている、ある美容師さんに聞いてみたところ「いやいや、美容院は”きれいになりたい”という夢を売る場なので、そういう現実的な髪の問題を話せるか、といわれると・・・僕は難しいですよねぇ」というお答えでした。

 一方、私が先日髪を切りに行った初めての美容院では、仕上げの段階で、いきなり「お勧めのアイテムをつけますね!これは地肌とか白髪対策にもなるし、髪の立ち上がりも良くなりますよ~」と、なにかのローションをパシャパシャつけてくれました。
 私はそのとき「うわっ、何も言っていないのに、ここまでケアしてくるの!」と感動したかというと、残念ながらテンションは下がりました。

 このように、まだまだリアル社会は、髪のことを話すことも話されることも、スムーズではありません。だからこそ、髪の変化が気になっても誰にも相談できていない女性が、半数以上になってしまうのもわかる気がします。

 しかし”髪の変化が気になっているのに” 行動できないのは、時間がもったいないです。

 髪のことを話せる場として、リアル社会ではまだ難しくても、オンライン上なら自分のペースで行動できます。このサイトは、髪のために行動したい(特に女性の)方々ために作られています。健康的な髪を目指して、ぜひこのサイトをフル活用してみてください。

 

前の記事 次の記事